新着情報

2017-07-28 09:00:00

   厚生労働省より疑義解釈通知が発出され,個別対応可能な福祉用具を活用した,リハビリテーション・ケアの推進に向けて一歩前進しました.

 

   算定に必要となる,個別対応可能なクッションや付属品をお貸しするだけでなく,算定要件である「患者の体幹機能や座位保持機能を評価」する「シーティング・クリニック」のサポートや,職員研修も含めてパッケージ化した,プレミアム福祉用具サービスをご検討ください.

 

(問)

いわゆる「シーティング」として,理学療法士等が,車椅子や座位保持装置上の適切な姿勢保持や褥瘡予防のため,患者の体幹機能や座位保持機能を評価した上で体圧分散やサポートのためのクッションや付属品の選定や調整を行った場合に,疾患別リハビリテーション料の算定が可能か.

 

(答)

算定可能.この場合の「シーティング」とは,車椅子上での姿勢保持が困難なため,食事摂取等の日常生活動作の能力の低下をきたした患者に対し,理学療法士等が,車椅子や座位保持装置上の適切な姿勢保持や褥瘡予防のため,患者の体幹機能や座位保持機能を評価した上で体圧分散やサポートのためのクッションや付属品の選定や調整を行うことをいい,単なる離床目的で車椅子上での座位をとらせる場合は該当しない.

 

疑義解釈通知(抜粋)

pdf 20170728シーティング診療報酬.pdf (0.11MB)

1