新着情報

2018-04-05 09:00:00

介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会の検討結果が公開されました.

こちらよりご確認ください.

 

2018-03-30 09:00:00

福祉新聞に「施設入居者の車椅子自費レンタルサービス」に関する記事が掲載されました.

 

新聞記事のコピーはこちらよりご覧ください.

 

 弊社では,施設入居中の方に車椅子やクッションをお貸しするだけでなく,理学療法士・作業療法士による身体状況の評価,車椅子やクッションの選定・提案,移乗方法等の伝達講習,定期的な状況確認と車椅子等のメンテナンスまで含めたパッケージとして,「施設入居者の車椅子自費レンタルサービス」をご提供しております.

 

詳細はこちらよりご確認ください.

2017-09-20 17:22:00

第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017 において,監修させていただきました冊子「『まちがいだらけ』のベッドの選び方・使い方」について,セミナー講師をつとめさせていただきます.

ご都合がつくようでしたらいらしていただければ幸甚です.

 

 thumb_positioningguidebook.jpg

 

1.「『まちがいだらけ』のベッドの選び方・使い方」 30分版

日時:平成29年9月27日~29日(HCR会期中の毎日)11時から11時半

会場:東京ビッグサイト東4ホール4-1-6 (株)プラッツ様ブース内

講師:弊社代表取締役/(一社)福祉用具活用相談センター理事長 吉川和徳(理学療法士)

 

2.「『まちがいだらけ』のベッドの選び方・使い方」 60分版

日時:平成29年9月27日(水)14時半から15時半

会場:東京ビッグサイト東5ホールセミナー会場1C

講師:同上

 

詳細はこちらよりご確認ください.

2017-08-01 00:00:00

福祉介護テクノプラス2017年8月号に弊社代表取締役吉川和徳の原稿を掲載いただきました.

 

ご一読いただければ幸甚です.

 

pdf 生活機能向上のためのベッドの選び方・使い方(HP用).pdf (0.45MB)

2017-07-28 09:00:00

   厚生労働省より疑義解釈通知が発出され,個別対応可能な福祉用具を活用した,リハビリテーション・ケアの推進に向けて一歩前進しました.

 

   算定に必要となる,個別対応可能なクッションや付属品をお貸しするだけでなく,算定要件である「患者の体幹機能や座位保持機能を評価」する「シーティング・クリニック」のサポートや,職員研修も含めてパッケージ化した,プレミアム福祉用具サービスをご検討ください.

 

(問)

いわゆる「シーティング」として,理学療法士等が,車椅子や座位保持装置上の適切な姿勢保持や褥瘡予防のため,患者の体幹機能や座位保持機能を評価した上で体圧分散やサポートのためのクッションや付属品の選定や調整を行った場合に,疾患別リハビリテーション料の算定が可能か.

 

(答)

算定可能.この場合の「シーティング」とは,車椅子上での姿勢保持が困難なため,食事摂取等の日常生活動作の能力の低下をきたした患者に対し,理学療法士等が,車椅子や座位保持装置上の適切な姿勢保持や褥瘡予防のため,患者の体幹機能や座位保持機能を評価した上で体圧分散やサポートのためのクッションや付属品の選定や調整を行うことをいい,単なる離床目的で車椅子上での座位をとらせる場合は該当しない.

 

疑義解釈通知(抜粋)

pdf 20170728シーティング診療報酬.pdf (0.11MB)

1 2