新着情報

2017-07-28 09:00:00

   厚生労働省より疑義解釈通知が発出され,個別対応可能な福祉用具を活用した,リハビリテーション・ケアの推進に向けて一歩前進しました.

 

   算定に必要となる,個別対応可能なクッションや付属品をお貸しするだけでなく,算定要件である「患者の体幹機能や座位保持機能を評価」する「シーティング・クリニック」のサポートや,職員研修も含めてパッケージ化した,プレミアム福祉用具サービスをご検討ください.

 

(問)

いわゆる「シーティング」として,理学療法士等が,車椅子や座位保持装置上の適切な姿勢保持や褥瘡予防のため,患者の体幹機能や座位保持機能を評価した上で体圧分散やサポートのためのクッションや付属品の選定や調整を行った場合に,疾患別リハビリテーション料の算定が可能か.

 

(答)

算定可能.この場合の「シーティング」とは,車椅子上での姿勢保持が困難なため,食事摂取等の日常生活動作の能力の低下をきたした患者に対し,理学療法士等が,車椅子や座位保持装置上の適切な姿勢保持や褥瘡予防のため,患者の体幹機能や座位保持機能を評価した上で体圧分散やサポートのためのクッションや付属品の選定や調整を行うことをいい,単なる離床目的で車椅子上での座位をとらせる場合は該当しない.

 

疑義解釈通知(抜粋)

pdf 20170728シーティング診療報酬.pdf (0.11MB)

2017-05-10 11:09:00

監修させていただきました冊子が,おかげさまで大きな反響をいただいておりますので,無料公開させていただくことになりました.

 

pdf 表紙~漫画5(4.27MB)

 

pdf 漫画6~漫画11(3.23MB)

 

pdf 漫画12~裏表紙(4.88MB)

 

一括ダウンロードはこちら(10.5MB)

 

冊子の入手や勉強会などをご希望の方はこちらよりお問合せください. 

2017-04-12 16:48:00

「地域リハビリテーション」2017年3月号

  

   特集「高齢者の姿勢と生活障害」に,弊社代表取締役吉川和徳「『生活』からみる姿勢と動作のとらえ方」が掲載されました.

  「姿勢と動作から『生活』をとらえる」のではなく,「『生活』から姿勢と動作をとらえる」という視点で,執筆いたしました.

ご一読いただき,感想やご意見などいただければ幸甚です.

 

pdf 生活からみる姿勢と動作のとらえ方(HP用).pdf (0.32MB)

2016-06-07 09:48:00

2011年に宮城県介護研修センターが作成,配布したパンフレットです.

pdf 仮設住宅バリアフリー化.pdf (0.94MB)

2016-04-20 22:11:00

災害時に体育館などに避難すると床での生活となることが多く,床から立てずにトイレを我慢したり,動かなくなることによる「生活不活発病」につながる方々を中越,東日本大震災の避難所で多く見かけました.
5年前,仲間たちと床からの立ち上がり方法を解説したポスターをつくりました.
どなたかのお役にたてば幸甚です.

pdf standup.pdf (0.4MB)

1 2